スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

言い訳バリア 

共感を得られる事はものすごくありがたいことで、無意識に何か共感を得られないかと必死になっています

そしていつしか共感を得る事が当たり前となっていて、否定される事が恐くなっています

親しくない人から共感を得られなかったらその人が恐くなる

でも友人などの親しい人から共感を得られなくても恐くない


私は気づかない内に自分の作ったルールの中で生きていました。

あれはダメ、これはダメ。

その中でどんなにカッコつけてもちっともカッコよくない。

その中でどんな事を語ってもなんにもすごくない。

いつものようにカッコつけてました。

ここぞとばかりに弱音を吐いて言い訳していました。


「ちっちぇえな」 です。


いやほんと、自分も周りも同じだったらいかんです、おかしくなってしまう。てかなってた。

んー、できるだけどんな時でも自分を客観的に見ているつもりでしたが、所詮はつもりでした。その客観的な視点もすでに都合のいいものになっていたんですね。考えれば考えるほど難しく面白いものです。

そして今日も訳の分からん事をだらだらと、、、





コメント

あ・・・・。

自分がいる。。。。。

Re: あ・・・・。

> 零那 さん
コメントありがとうございます!

似たような悩み?考え方も持ってるんでしょうか?違ったらすみません(汗)
やっぱり共感してもらえることは嬉しいです^^

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://stm5.blog118.fc2.com/tb.php/274-7d9c9e38

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。